安全性の高い建築工具を使おう~安心素材で安寝住宅を作る~

木の家

業務に重要な油処理剤

現在では油処理剤には様々な製品が登場していて、ネットを利用して購入することもできるようになっています。また油処理剤を使用する際は、利用法や活用法を良く学んだ上で使用するようにしましょう。

Read More

素材を選ぼう

空気を清浄に回したい場所があるのなら、その環境に最も適したダクトを選ばなければいけません。素材選びを間違えれば故障や効果無しというような問題に繋がることもありますから、プロへ相談して下さい。

Read More

ガラス保護に便利な物

ガラスを保護または割れた時の怪我を防止するために、現在では飛散防止フィルムが登場しています。また飛散防止フィルムは業者に依頼することなく、自分で貼ることもできます。

Read More

仮設足場の注意点

レンタルする際の価格相場

仮設足場は、建設作業だけではなく、DIYやイベントの際に必要になる場合があります。一時的にしか使用しないものなので、レンタルするのが経済的です。 必要な部材と量がわかっていれば、取り扱いレンタル業者各社に見積もりを取ります。使用期間によっても価格が変動しますが、一例を挙げれば、天板数3枚に建枠、筋交の場合、10日程度で4000円。2階建ての住宅一棟を加工足場の場合、1ヶ月以内のレンタルで15万円〜20万円。学園祭などのステージ用は、10日以内のレンタルで40万円。その他に運搬料や組み立ても依頼するのであれば、別途料金がかかります。業者によっては、単管1本から部材をレンタルしてくれる場合もあります。

仮設足場の歴史と種類

仮設部材は、丸太足場など伝統的に木材で作られたものが使用されていました。 戦後になり、森林資源保護の観点から、鋼管製の足場の開発の動きが高まり、単管を緊結するクランプが開発されました。扱いやすい鋼管、鋼板製の足場は、瞬く間に主流となりました。主にビル建設などに使用される枠組足場、低層で設置場所に余裕のない場合に使われるくさび式足場、単管とクランプを組み合わせる単管足場などの種類があります。 レンタルは、仮設足場の専門業者が取り扱うほか、保安用品・イベント用品・建築土木資材などを扱うリース・レンタル業者でも取り扱いがあります。業者によって貸出手続き方法はさまざまですが、初回に書類を提出する場合が多いです。


匠の技スリット加工

スリット加工は依頼者の要望に合わせた加工が必要になるため、熟練者のみが行える匠の技術だと言えます。またスリット加工を提供している会社は、豊富な経験や技術を持っているとして信頼することができます。

Read More